オーガニック

紙ナプキンと下着のメリット

近年、敏感肌や冷え性、エコ志向の方が使用しているのは、紙ナプキンではなく、肌に優しいコットンを使用している布ナプキンです。
肌あたりが良く、かぶれが起こりにくいという特徴がありますが、経血が付着するので洗わなければならず、外出時には使用が難しいというデメリットがあります。
布ナプキンに近い使用感で、使い捨てできるオーガニックの紙ナプキンが注目されています。

一般的な紙ナプキンには、経血をしっかりと吸収し漏れが起こらないように高分子吸収材というものが使用されています。
高分子吸収材は水分を吸収するとジェル状になりますが、体を冷やす原因になってしまいます。
女性の体は冷えに非常に敏感な上、生理期間中の冷えは生理痛などをよりひどくしてしまうため、避ける必要があります。

また、オーガニックの紙ナプキンは、一般的なものに比べ、合成物質や界面活性剤、香料、染料など化学物質が含まれていませんし、塩素漂白もされていないので、かぶれにくいという特徴があります。
生理期間中に履く下着にもこだわる必要があります。
生理中はどうしても肌がデリケートになり、締め付けや蒸れが起こると肌トラブルの原因になってしまいますから、できるだけ肌に優しい下着を選ばなければなりません。
オーガニックコットンを使用した下着は通気性もよく、肌あたりもよいので生理中のデリケートゾーンへの負担を減らすことができます。
心身がナイーブになる生理中だからこそ、オーガニックの紙ナプキンや下着など体に優しいものを選んで快適に過ごすことが大切なのです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031